ゼニカルは油を無かったことにする医薬品

ダイエットで我慢していたのに、焼肉屋さんに行って思いっきり肉を食べまくってしまったという時に使うと効果的なのがゼニカルというダイエット薬です。
肉には脂肪分が多いです。炭水化物やたんぱく質よりも脂肪はエネルギー効率が良く、少量で効率よくエネルギーを摂取出来てしまいます。
飢餓の時代ならば良かったかもしれませんが、ダイエットを目指す現代人にとってはエネルギー摂取効率が良い脂肪はダイエットの敵です。
油分たっぷりの食事を摂ってしまった後には、ゼニカルが効きます。ゼニカルは食べた脂肪のうち30%を食べなかった事にしてくれるダイエット薬です。1000kcalを脂肪分で摂ってしまったとしたら、700kcalしか食べなかった事にしてくれます。マイナス30%ではあまり意味がないと感じるかもしれませんが、塵も積もれば山となるです。少しずつカロリーオーバーしていった分は、体の中に脂肪として蓄積されます。
脂肪を食べたからといって、数時間後にすぐにそれが脂肪として体に身についてしまうわけではありません。ゼニカルを飲んでその吸収を抑えて、その間にエネルギーを消費しておけば身につく脂肪の量を少なく抑える事が出来ます。
ダイエット中だから脂っこい食事を控えていた人のタガが外れてしまった時、それを立て直してくれるのがゼニカルの力です。ダイエットのルールを破ってしまったからやけになってしまいそうなところを、ゼニカルが押しとどめてくれます。
食事制限でヘルシーなものばかり食べていてストレスが溜まり、その発散のために脂っこい食事を摂る罪悪感を減らしてくれます。ゼニカル自体に脂肪燃焼効果はありませんが、ダイエットを挫折させにくくする良薬です。

多くのユーザーがトイレが油まみれになると絶賛

ゼニカルの口コミでよく言われているのは、「トイレが油まみれになる」という事です。あまり綺麗な話ではありませんが、それだけの油を摂取していたという事がよく分かるという事です。
しかも、この油は摂取量の約30%です。残りの70%は吸収されます。30%でもかなりの油の量で、驚くという話です。
それだけ効果があると、困った事も起こります。
それは、便がゆるくなってトイレや下着を汚してしまう危険性があるという事です。ゼニカルは油を吸収させずに体外に排出させる薬なので副作用ではありませんが、飲んだ次の日はかなりの確率で下痢になると言われています。
もともとお腹の弱い人が使うと、効果が出すぎて外出困難になってしまう場合もあります。
下着を汚してしまうのは、便がゆるくなって肛門で抑えておけなくなるからです。我慢できるレベルではなく、ほとんど無自覚のまま油が流れ出てしまうと言われています。これに対処するには、女性ならば生理用のナプキンを使うと良いです。男性用のナプキンもあります。もしくは、大人用紙おむつを使うという方法もあります。替えの下着は2枚くらいは常に持ち歩いておいたほうが安全でしょう。
トイレの使用時も、ガスが出た勢いで、出て来た油が飛び散ってしまう事があります。これに対しては、トイレに入った時点で最初にトイレットペーパーをまわりに敷いておくと、便器を汚してしまうのを防げます。ゼニカルユーザーになると、トイレットペーパーの使用量が劇的に増えると言われています。
こういった嬉しいような辛いような体験談が多いですが、脂肪を排出させる効果は大きいです。脂っこい食事が大好きな人には、ゼニカルはおすすめのダイエット薬です。

ゼニカル使用時にはビタミン欠乏に注意

溶けるものに対しての性質で分けると、ビタミンには2種類に分けられます。
油に溶けやすい性質を持つ「脂溶性ビタミン」と、水に溶けやすい性質を持つ「水溶性ビタミン」です。
ゼニカル服用時に欠乏しやすいのは、前者の脂溶性ビタミンの方です。脂溶性ビタミンには、ビタミンA・D・E・Kなどがあります。
ゼニカルは脂肪分解酵素リパーゼの働きを阻害する事により、腸で吸収される脂肪の量を70%にとどめます。残りの30%の脂肪分は未消化のまま油として体外に排出されますが、この未消化の油に脂溶性ビタミンが溶け込み、一緒に流れ出てしまいます。すると体に必要な脂溶性ビタミンまで不足して、ビタミン欠乏症の症状が出てしまう可能性があります。
ビタミンAが欠乏すると、夜盲症、皮膚の乾燥、細菌への抵抗力の低下、成長障害、等が起こります。
ビタミンDの欠乏は骨や歯の成長障害、骨粗しょう症、骨軟化症、ビタミンEの欠乏は溶血性貧血、神経障害、ビタミンKの欠乏は血液が固まりにくくなる、等の症状があらわれます。
これに対して、水溶性ビタミンは油と一緒に流れ出てしまう心配はないです。ちなみに、水溶性ビタミンにはビタミンB1・B2・B6・B12、ビタミンC、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン、等があります。
ビタミンを補うには、ビタミン剤を使うと効率が良いです。ゼニカルの有効成分オーリスタットの半減期は1~2時間なので、ゼニカルを飲んでから3時間後にビタミン剤を飲むなどして、脂溶性ビタミンが脂肪と一緒に排出されてしまうのを防ぐようにしましょう。オーリスタットが半減期を過ぎれば、ビタミン剤の効果が得られやすくなります。
ゼニカルを使う時には脂溶性ビタミン欠乏症の症状が出ていないか、確認しながら使いましょう。

↓食事中の余分な油の30%をカットできる
今話題のゼニカルの通販サイト
↓病院での診察料もかからない
医薬品のネット販売を推薦します



ページトップへ